TOP > コンテンツ > 新しい脂肪溶解注射(カベリン)美容クリニック

脂肪溶解注射(カベリン)とは

FDA承認薬剤であるデオキシコール酸を主成分とする脂肪溶解注射のことで、脂肪溶解に有効性の認められている『デオキシコール酸』を0.5% と高濃度(BNLS Neoの約5000倍の濃度)で配合しています。

脂肪溶解注射(カベリン)の特徴

カベリンは、痛みや腫れを抑える成分を配合し小顔、部分痩せに最適で体のさまざまな部位に打つことができます。 カベリンは、デオキシコール酸だけでなく痛みや腫れを抑える成分が配合されていて、ダウンタイムが短いことが特徴なので、痛みやダメージがほとんどありません。顔回りの気になるところにアプローチすることができますが、ぽっこりお腹や二の腕、ヒップや太ももなど全身に施術可能です。

脂肪溶解注射(カベリン)の効果

最短で1週間ごとに治療を受けることが可能なため、短い期間で効果を実感することができます。 カベリンの主成分、デオキシコール酸は胆汁酸の一種で、注射によって脂肪細胞に入ると脂肪細胞の細胞膜を破壊する事が出来ます。 破壊された脂肪細胞は、再び脂肪をため込むことはできなくなるので、リバウンドすることが無く、永続的な効果が見込めます。 《カベリンの主要成分》 ●デオキシコール酸 脂肪の乳化を促進し、排泄を促す働きがあります。 ●L-カルニチン 脂肪の代謝を促進し、分解を促す働きがあります。 ●アーティチョークエキス 脂肪組織を血液中に誘導し、排泄を促す働きがあります。

脂肪溶解注射(カベリン)の施術部位及び注意事項

※各部位の必要本数の目安は下記のとおりです。実際に必要な本数には個人差がございます。 ◦頬骨部 4本~ ◦頬(法令線付近) 4本~ ◦口角 2本~ ◦フェイスライン 4本~ ◦あご下(二重あご) 4本~ ◦二の腕(片側) 8本~ ◦脇肉(片側) 8本~ ◦背中 8本~ ◦腹部 8本~ ◦ヒップ(片側)8本~ ◦太もも(片側) 8本~ ◦ひざ(片側) 4本~ ◦ふくらはぎ(片側) 8本~ 《脂肪溶解注射(カベリン)の注意事項》 ・注射なので傷跡は目立ちません。 体質により内出血が出る場合があります ・シャワー、入浴は当日から可能。 ・治療当日のメイクは可能ですが、当日は治療部位を擦ったりしないでください。 ・激しい運動は翌日から可能。 ・注射の処置後に同じ場所に光・レーザーを受ける際は2週間あけていただきます。 ※注射を受けることができない方 ・妊娠中、授乳中、皮膚炎の方 ・甲状腺疾患の方
脂肪溶解注射 Q&A
Q脂肪溶解注射だけで脂肪が無くなるの? A脂肪溶解注射は脂肪を溶かしだし、一度排出された脂肪が元に戻ることはありません。 Q効果はすぐ分かりますか? A脂肪溶解注射は、個人差がありますが、早くて3日~1週間で効果が現れます。3~6回の注射を受けて頂くとより効果的です。 Q注射の痛みはありますか? Aほとんど痛みはありません。 注入は10分ほどで終了するので、注射が苦手な方でも大丈夫です。 Qダウンタイムはありますか? A注入後は内出血や赤み、数日間は筋肉痛のような痛みがある場合もありますが日常生活に支障はありません。 Q注射は誰でも受けられますか? A妊娠・授乳中の方、糖尿病、心疾患、腎疾患、高血圧、甲状腺機能亢進症の方やアレルギーのある方は受けられません。体質に不安のある方はドクターにご相談ください。